ミツロウキャンドル - Wildtree
News/Event Line-up/Candles Story About us LINK
ひと手間のある暮らし展@名古屋高島屋無事終了しました。(2)

今回は、ワイルドツリーの関わりの中で今回のテーマである「ひと手間のある暮らし」を提案して頂ける皆様と一緒にエリアを作らせて頂きました。

毎年ワイルドツリーショップで大人気の「シャツと鞄展」で来てくださる東京のairroom productsさん。




シンプルで上質なシャツは本当に素敵です。そんな生き方をしたい、と思えるシャツです。



セミオーダーの靴のCo.&Kokoroneさん。

東京に工房を構えますが、実は伊那市の出身。

是非、伊那市に帰ってきて工房を構えて下さい。

 

 




本当にシンプルで上質な素敵な靴です。


そして伊那市の「花と器・古道具 草の音」さん。

私達が使わせて頂いた什器は全て草の音さんの古道具でした。

色々な方が立ち寄り、思い出などを話していかれる素敵な空間になりました。

是非、伊那の草の音さんにもお越し下さい。



 

 

そして、伊那市のアールピースファクトリーさん。

茶漉しのいらない新茶器はたくさんの方に、関心を持って頂きました。

お茶を美味しく頂くひと時は、やはり暮らしを豊かにしてくれます。




絵付け教室も開催してくれた竹村聡子さん。

まだまだ若い作家さんですが、その独特の作風はたくさんの方にお褒めいただきました。

 

 




今回、こんな素敵な方達と一緒にエリアを作れたことは、大変有難く、

改めて、人とのご縁に恵まれていることを実感致しました。

特に、搬入から搬出までずっとご一緒させて頂いた

草の音さん、Co.&Kokoroneさん、airroom productsさんには、心から感謝しています。

いいモノはいいヒトから生まれるんですね。

有難うございました。

| レポート | 16:39 | - | - |
ひと手間のある暮らし展@名古屋高島屋無事終了しました。

8月24日〜29日まで、JR名古屋高島屋さんで開催されたひと手間のある暮らし展、無事終了致しました。
会期中は、大勢のお客様にお越し頂き、またお買い求め頂き、有難うございました。「キャンドル探してました」「キャンドル好きなんです」というお客様に出会えることは、この仕事をしていくうえでの何よりの喜びです。初日にお試し頂き、「よかったから」とまた違うタイプのキャンドルをお求め頂けた方が、何人かいらして、キャンドル屋冥利につきました。

今回は、「ミツロウキャンドルの灯りと暮らす」という冊子を作り、1日の終わりの過ごし方を提案しました。


 

 

キャンドルをお求め頂く方は増えてきましたが、実際に使われてる方は、まだまだ少なく、でも、ミツロウキャンドルを実際に灯して過ごす時間はとても愛おしく、毎日少しずつ灯して頂くと、きっと日常がより豊かになるのではないかという思いを形にしました。


 

とっかかりには、30分で燃え切る30ミニッツキャンドル。スタッフさるちゃんの手作りの繊細なキャンドルです。

 


 

その30ミニッツキャンドル専用のホルダーを伊那市の陶芸家小池千恵さんに作って頂きました。


実際に使うということを意識したからか、大きめのキャンドルとやはり伊那市の鍛鉄作家河原崎さんにお願いしているホルダー、それから、今回初登場となりや河原崎さんのオリジナル火消し棒が大人気でした。

 




その他に、今回はワイルドツリーでエリアを作らせて頂きました、、、続く。

| レポート | 15:44 | - | - |
「ありがとうの一週間」ありがとうございました。
ワイルドツリー移転1周年企画、「ありがとうの一週間」。
沢山の方々にお越し頂きました。
ありがとうございました。

この一年は、お店を移転したことやカフェたねOPENなどにより、
お店では日々、新たな出会いや発見などの連続であり、充実した一年となりました。
反省点なども踏まえて、今後よりよい空間にしていけるようにしたいと思っています。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

↑ファミリーフリーマーケット「ファミマ」


↑ココウェル代表水井さんによる「フィリピン台風被害の報告会」


3/8(ミツバチの日)夏秋夫妻による音と香りのキャンドルナイトライブ
| レポート | 11:11 | - | - |
3/5ファミマ開催しました
ワイルドツリー二階スペースにて行われた、チプカトプクチカ共催イベント。
ファミリーフリーマーケット「ファミマ」。
チプカとプクチカ小松さんや土ころさん・善積農園さん、ヒナタヤさんの子供服、
カフェたねとしえさんの子ども服をリメイクした髪飾り、トコトリコ春日さんの様々な種類のカゴなどなど、
皆さんが大事にとっていた素敵なモノ達がお目見え。
沢山の方に来て頂き、魅力的な商品の数々を写真に納める間もなくお嫁にゆきました。
お越し頂いた皆さま、出展頂いた皆さま、ありがとうございました。
反省点を踏まえて、また第二回を開催できればと思います。



品物は8日まで預かってますので、のぞいてみてください。
また、フィリピンの災害で被害のあった地域へ送る、8歳までの夏服を回収しています。
こちらも8日まで受け付けていますので、宜しくお願い致します。
| レポート | 15:11 | - | - |
「島るり子のおいしい器」展ご報告
今さらながらですが、8月8日〜15日まで開催された陶展「島るり子のおいしい器展」は、連日40名を超える方にご来場頂き、一週間で約300名の方にご覧頂くことができました。島さんも一日を除き、毎日いらして下さり、最終日はなんと、夜10時まで!本当に有難うございました。
いらっしゃれなかった方にもお伝えできるようご紹介致します。

いつもは、ベビーマッサージに使用している二階の空間が、ギャラリースペースに生まれ変わりました!器の持っている力はすごい!


粉引きの器 。「前からずっとファンでした」「伊那の方だと知らずにいました」と言う方が、今回初めて島さんと出会えた!というケースも多く、それが何よりの喜びでした。


今回大人気だった耐熱の器。そのまま火にかけられるので、薪ストーブでもガスでもオーブンでも調理して、そのまま卓上へ。色々なレシピを集めたいと思っています。


今回は少なかったのですが、焼き締めの器の存在感は格別です。お水やお酒は美味しくなり、お花は長持ちするそうです。


島さんの手にかかると、野の花がアートになります。今回の展示で改めて、島さんのお人柄、生き様、心配りを深く知ることができ、益々ファンになりました。


今回「ワイルドツリーでやるから、キャンドルフォルダー作ってみたよ。」と言って作って下さった耐熱のキャンドルホルダー。月と太陽のモチーフの物は初日で完売してしまいましたが、ワイルドツリーの定番として、まとめて作って頂くことになりました。



併設のcafeたねでは、島さんのレシピと器でランチをご提供。ランチが売り切れたあとは、おにぎりセット。このシソのお醤油漬けも毎日島さんが摘んで漬け込んで下さいました。

今だに夢のような一週間から覚めやらず、その興奮から抜け出せず、余韻に浸っております。一部ワイルドツリー一階部分でも展示しております。また、島さんの次の個展は、9月18日〜24日まで松屋銀座です。そちらも是非お出かけ下さい。http://www.fan.hi-ho.ne.jp/ziozio/ru2013.yogan.html

今回この個展を開催するにあたり、お世話になったすべての方々、またお忙しいなか、あるいは遠くからご来場頂いた全ての方々にこの場を借りて心から御礼申し上げます。
| レポート | 07:58 | - | - |
ap bank fes'12みちのく
17日・搬入
初めてのみちのく湖畔公園でのapbankfes。
参加スタッフは皆東北出身なので、みちのくで開催することを楽しみにしていました。
朝から蒸し暑く、このまま暑さが続くのかと思いきや、午後から突然の雷、ゲリラ豪雨。
地面も5センチほど浸水して作業が振り出しに戻ってしまいましたが、
雨上がりのダブルの虹が、再びやる気を起こさせてくれました。

18日・19日
ap bank fesみちのくスタート。
ミツロウキャンドル、ミツロウコスメ、化粧水などを販売。今回はミツロウキャンドルのライティングに少し力をいれ、なるべく灯し続けることを念頭において展示。
ぶら下げられる「リフトボール」が人気でした。


お昼はおにぎりとフードエリアの野菜とお肉。おいしかった!


恒例のミツロウキャンドル作り。こちらも大人気。
やはり東北のお客さんが多く、ちょっとした方言で親近感がわいて嬉しくなります。

そして今回は、もう一つのワークショップを。
ビン入りのキャンドルを作り、震災から復興へ向けて願いや思いを書いたメッセージカードを巻いて日暮れから点灯させて頂きました。
津波の後、流れ着いた浮きや使えなくなった大漁旗を三角端に作りかえたものと共に、
点灯させて頂きました。
思い思いの場所に置かれた美しいキャンドルの灯りと、皆さんの力強い言葉たち。
会場スタッフの皆さんが中心となって企画、セッティングなどしてくださいました。
この場所にいられてお手伝いが出来て、本当によかった。
参加して下さった皆さん、ありがとうございました。
また来年も来られるといいな。

| レポート | 16:12 | - | - |
アースデイ東京2012終了しました
肌寒く小雨のちらつく中、たくさんの方々にご来場頂きました。
お越し頂いた皆さま、有り難うございました。
会場は、たくさんの人の波!
今回は定番ティーライトキャンドルやガラスホルダーの他、
ビーズワックスバームや手作りコスメ用のミツロウ量り売りが人気でした。
手作りコスメブーム到来でしょうか。
 
キャンドル作りは去年に引き続き、チャリティ企画として、
ボランティアスタッフやリアス気仙沼チームのみなさんにお手伝い頂きました。
リップ作りなども含め、ワークショップは大盛況。有り難うございました。
| レポート | 21:53 | - | - |
アースデイ東京一日目
アースデイ東京、一日目終了しました。(告知しそびれてしまい、申し訳ありません)毎年買いに来てくださる方や、初めての方、よき出会いも沢山ありました。少し肌寒かったですが、足を運んでくださった皆さま、有難うございます。明日も10時から5時まで、代々木公園の並木道に出展しています。ワークショップも大盛況。気仙沼の支援をされているリアス気仙沼の皆さんもいらして、キャンドル作りを手伝って頂いてます。(アースデイ東京 2012 主催の「キッズウィークエンド」~福島こども保養ツアー~に賛同し、 キャンドル作りの売り上げは一部経費を除き、子供達に日本最大級の環境イベントを楽しんでもらうバスツアーに寄付いたします)
| レポート | 00:23 | - | - |
ap bank fes'11レポート
梅雨明けの暑い中、行ってきました静岡・つま恋「ap bank fes」。
最終日はお天気崩れ気味でしたが、どうにかもってくれました。
今年も顔なじみの方々、はじめましての方々、沢山のお客さんとの出会いがありました。
去年彼の方が日焼けで大変だったお二人、ご結婚おめでとうございます。
仙台出身の小・中学校が偶然同じだった方、お会いできて嬉しかったです。などなど・・・
このつながりがフェスの楽しみでもあります。

日中、あまりの暑さにスタッフはみんなバテ気味・・・
あんなに蒸し暑かったのに、みなさん元気に思い思いの一日を楽しまれているようでした。
新発売の、信州産無農薬ミント水&オーガニックラベンダーの「ハーブの化粧水」も好評でした。日焼けしている人を見つけると、ついついかけまくってしまいます。

私達が出店するkoti marketでのライブ。
盛り上がってます。こちらはつま恋の入園料を払うだけで見られます。
夜にはサプライズゲストも!

夜のkoti marketと満月。
fesではステージ以外のエリアは、毎年朝9時頃から夜9時頃までの長時間、楽しめます。

夜のエコ雑貨ワークショップでの恒例「ミツロウキャンドル作り」の様子。
皆さんそれぞれの楽しい空気が伝わって、居心地のいいバーのような雰囲気でした。
ワークショップでは、エコ雑貨メーカーさんの様々なワークショップが行われ、大盛況。
このキャンドル作りの参加費は経費を除いた全額を被災地支援のための活動費に使わせて頂きます。

「夕涼みキャンドルナイト(勝手に命名)」樽(桶?)に水をはって浮かべたティーライトキャンドル。涼しげでしたか?

ワイルドツリーでは夜は室内の照明を落として、キャンドルの明かりだけで過ごしました。
キャンドルナイトのPOPも掲げてエネルギーシフトへのひそかなアピール。

今年も沢山の方々にお会いできてうれしく思います。有り難うございました。
来年も参加できるように、よりよい店作り&ワークショップを目指して、がんばります!
| レポート | 19:14 | - | - |
ワークショップ@セイコーエプソン富士見営業所
本日セイコーエプソン株式会社富士見営業所にてワークショップをさせて頂きました。午前はミツロウハンドクリーム作り、午後はミツロウキャンドル作り。主催してくださった労働組合の皆さんも、参加者の皆さんも、素敵な方々で、私たちも楽しく過ごさせて頂きました。大人も子供も、持っていったミツバチの巣箱に興味津津。作る時も楽しそうに和気あいあい!(午前のクリーム作りの様子)

















 午後のキャンドル作りの様子。参加費はすべて「灯りでツナガルプロジェクト」として、被災地支援金とさせて頂きます。独創的なキャンドルが出来上がりました!御柱キャンドルも登場し、ご当地をうかがわせました〜。


| レポート | 18:50 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode